和菓子と頂く

2016年、AGFは「和菓子に合うコーヒー」というコンセプトの新製品をPRするため、日本各地で長く愛されている和菓子の中でもコーヒーと相性が良い一品を選出する企画を開催しました。全国津々浦々から推薦された様々な和菓子とコーヒーの組み合わせ、食べた人が驚くようなその美味しさの意外な新発見が話題になりました。

意外とはいえ、そもそもコーヒーの原料は豆であり、小豆から出来ているあんことの相性は悪くありません。そして素材の風味を活かす和菓子特有の上品な甘さは、コーヒーの香りをきちんと楽しませてくれるでしょう。あんこや豆系の和菓子だけではなく、柚子や抹茶、桜などを使った香りの良い和菓子とも意外に合うものです。しっかりとした甘いあんこが多く使われている和菓子にはコクと苦味のあるコーヒー、素材の香りを活かした口当たりの良い和菓子には酸味が控えめですっきりと味わえるコーヒーを合わせるのがお勧めです。

また、抹茶チョコや抹茶クリームのケーキ、抹茶そのものを練り込んだパンケーキなどの和風スイーツにはカフェラテの優しい味わいがマッチするでしょう。人気店「幸せのパンケーキ」では京都店限定の「有機抹茶パンケーキ」が人気を集めています。小倉バターのコクと抹茶が香るふわふわのパンケーキには、同じく人気のフレーバー・ラテを合わせて頂きたいものです。

普段は何となく和菓子には緑茶、洋菓子にはコーヒーか紅茶を合わせているという人は多いのではないでしょうか。もちろんその定番の組み合わせでも間違いなく美味しいのですが、和菓子が甘さと風味をしっかりと支え、コーヒーの香りとコクを味わうことでそれをより感じられる、そんな組み合わせを試してみるのもいいかもしれません。