まろやかクリーム

オーストリアはウィーン発祥といわれる、コーヒーにクリームを浮かべた飲みものが日本では「ウインナー(ウィーン風)コーヒー」という名前で定着していますが、実際現地ではそのような呼び方はされません。ウィーンの人々が日常的に愛飲しているのはエスプレッソに温めたミルクとミルクの泡を浮かべた「メランジェ」というカプチーノに近いコーヒーで、ウインナー・コーヒーは日本独自に変化したコーヒーなのです。

本場の味とは少し違うものの、甘いクリームが浮かべられ、カップの底にはザラメ糖がひっそり沈んでいるウインナー・コーヒーは、普段あまりコーヒーを嗜まない人でも美味しく頂けるのではないでしょうか。コーヒーフロートのようにクリームをスプーンですくって一口含み、カップを慎重に傾けてコーヒーを飲めば、口の中で冷たくて甘いクリームと熱いコーヒーの苦味と香りが絶妙なハーモニーを奏でるでしょう。また、クリームとコーヒーを混ぜればしっかりしたコクとまろやかな甘味のカフェラテになり、ミルクとはまた違った濃厚な味わいが楽しめます。

クリームたっぷりの甘いコーヒーと一緒に楽しむスイーツとしては、シンプルなパンケーキやクッキー、シフォンケーキなどが最適でしょう。バターやメープルシロップを熱々のパンケーキにたっぷり染み込ませて頬張り、ウインナー・コーヒーを飲むとお腹の底から温かい甘さとコーヒーの良い香りが満ちていきます。ほっと一息つきたい日にはぴったりの組み合わせと言えるでしょう。